頭痛外来

トップページ > 頭痛外来 >  頭痛の種類 > 薬物乱用頭痛

薬物乱用頭痛

頭痛がずっと続くために薬を服用し続けている人の中に、逆に薬を飲み続けるために頭痛が誘発されている人があります。 このような人は薬の乱用によって頭痛が生じているもので、 薬物乱用頭痛といい、薬をやめなければ頭痛は治りません。 トリプタン、エルゴタミン、一般鎮痛剤などを1ヶ月10日以上飲み、それが3ヶ月以上続いた場合、薬物乱用頭痛と診断します。

このような薬物乱用頭痛はもともと片頭痛の人に多いのですが、緊張型頭痛の患者さんにもあります。

治療

まず原因となっている頭痛の薬を中止して、予防薬を基本にした治療に変えてゆくのが基本的な治療法です。 が、患者さんは薬を中止することへの不安があって、手にしている薬をなかなかやめることができません。

患者さんの心理として以前に強い片頭痛を経験し、また頭痛が起こるのではないか、という不安があります。 頭痛発作の頻度の高い人は、発作時に飲む薬ばかりでなく、頭痛予防の薬をうまく調節して、 発作時に飲む薬の量を減らしてゆくことが大切です。